代表からのご挨拶

shintaro_suzuki

この度はホームページをご覧いただきありがとうございます。スズキグローバルコンサルティング代表の鈴木と申します。

 

今回弊社ホームページをご覧頂いているのは、皆さまも何らかの形でインドビジネスに興味をお持ちであったり、関わられているからかと存じます。私が初めてインドに降り立ったのは2010年5月3日です。その日から今日まで、現地に進出される日本企業の拠点設立、会計、税務、各種コンプライアンスをサポートして参りました。インドでは、日本人の想定外が想定範囲の日常という、次々と発生してくる課題を解決しているうちに、あっという間の7年でした。

 

7年間の中で様々な経験をしてきました。インド人と分かり合えたと思えば、絶対に信用できないと思うこともあり酸いも甘いも体験しました。今でも「鈴木さん、インド好きなんですね。」と言われることもありますが、手放しで好きと言えるような感情ではありません。全く好きになれない部分や、受け入れられない部分もあります。ただ、この成長著しいインドでビジネスに携われることは、またとない機会であり、ダイナミックなインドの成長をぜひとも皆さまと一緒に感じたいです。

インドではインドのやり方があります。インド人と日本人は同じアジア人というくくりの中でも、共通項がないといっても過言ではないほど異なる人種です。同じインド人の中でも相当な多様性があり、“インド人”というステレオタイプを持つことは危険です。弊社の強みは圧倒的な現地での実務経験を有している点です。我々はインドの現地の状況を正確にかつ的確に把握・分析し、御社に最適な解決策のご提案が可能です。

 

弊社では経験豊富なスタッフと現地のネットワークを活用し御社が本来の営業・販売・製造などの業務に集中できるよう、各種専門家実務業務をワンストップで引き受けます。また、現地側と認識の差が広がりがちな本社側のフォローも東京の拠点を通じて行い、適切に本社からのサポートが得られる環境をつくりだします。

 

何かお困りごとや、ご不明な点がございましたらいつでもお気軽に弊社までお問合せください。現地の市場や、販売網の構築などについてもご提案しますので、ぜひインドでのビジネスを一緒に成功させましょう。弊社の過去の経験・知見・ネットワークを総動員してサポートいたします。

鈴木慎太郎(Shintaro Suzuki)

SGC (スズキグローバルコンサルティング株式会社) 代表取締役

<保有資格>

米国公認会計士

<略歴>

2005年 名古屋大学工学部機械航空工学科卒業

2006年~2010年 石川県ベンチャー企業にて、新規事業部立上げを担当

2010年 インド大手会計事務所(デリー)入所

2015年 同事務所東京代表就任

2016年 同事務所退職・SGC設立

<支援実績>

6年間で、自動車、商社、化学、電機、物流、医療、土木、インフラ分野のクライアントに対して、20以上の現地拠点設立その他100社以上の進出後の会計・税務・コンプライアンスに関するコンサルティング、各種投資スキームの構築、現地規制に関するアドバイザリー業務に従事。

<メディア掲載履歴>
2017.08.01 The Daily NNA 「アジアで会う」

<講師>

インド(デリー、バンガロール、ムンバイ、チェンナイ、アーメダバード)、シンガポール、東京、大阪の各都市で、大手金融機関・商工会議所等との共催セミナーにてインド進出・インド税務に関する講師としての登壇実績あり。