キャノン電子の衛星、インドで打上げ

昨日ジムで走りながらNHKを見ていると面白いニュースをやっていました。

 

キャノン電子が自社で開発した衛星を、インドのロケットで打上げ。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170623/k10011027981000.html

 

NASAの技術者の3~4割はインド人が占めると言われており、
宇宙開発はインドがアドバンテージを有する分野なのです。

 

インド政府も航空・防衛産業分野に関する外資規制を緩和し、
積極的に先進国から技術移転、製造拠点誘致による雇用創出を狙っています。

 

打ち上げコストも先進国と比較すると格段に安く、
今後もインドの安い打ち上げコストを活用した宇宙ビジネスが
拡大していく可能性があるようです。

 

日本は何かとオーバースペックで市場シェアを取れないことが多けれども、
インドが対照的に価格競争力のある製品で市場を席捲していく一つの例ともいえますね。

 

まだまだ我々の知らないインドの活用方法が沢山ありそうです!