居住者証明書(Tax Residency Certificate - TRC)の取得方法とは?

居住者証明書(Tax Residency Certificate - TRC)の取得方法とは?

インドから外国へ海外送金を行う際に、銀行より要求される資料の中でTRCと呼ばれる税務居住者証明がある。発行主体は、納税企業の居住国税務当局となる。日本企業の場合は、所轄税務署にて居住者証明書の請求を行えば1週間程度で取得することが可能である。様式についてはこちらの国税庁ホームページよりダウンロード可能である。最終的な記入に関する指示は、所轄税務署の指示に従うが弊社で取得した際の記入例を以下の通り記載する。

 

<居住者証明書交付請求書(租税条約締結国用)>
=> 国税庁ホームページダウンロード先

上記ページの”3 居住者証明書及び証明請求書の様式”の”(2)①租税条約等の締結国に租税条約等に基づき提出する場合”からダウンロード可能。

■作成に際しての留意事項は3点。

  1. 対象期間
    送金対象の金額の取引期間を記載するが、税務署は未来の期間に対して証明することができないので、現在までの日付もしくは過去の期間を記載すること。

  2. 作成枚数
    税務署保管用の写しを1枚余分に作成しなければならない。自社で必要な枚数+1枚が請求時に必要となる。つまり、1枚必要な場合は2枚、2枚必要な場合は3枚提出する必要がある。

  3. 委任状の持参
    会社の代表者でない場合は委任状の持参が必要となる。