源泉徴収税(Tax Deducted at Source - TDS)とは?

源泉徴収税(Tax Deducted at Source - TDS)とは?


TDSとはTax Deducted at Sourceの略です。日本の源泉所得税に相当します。

支払いから控除したTDSは、PANと紐づいており源泉者が納付・申告後、Form26ASといわれるオンライン上で取得できる様式で控除可能額が確認できます。

TDSは支払い総額から控除して、相手方(被源泉者)に対して支払いますが、支払い相手が個人か法人か、何の費用に対しての支払いなのかなどによって税率が異なってきます。代表的な支払いは、給与、専門家費用、家賃等が挙げられます。