インド準備銀行(Reserve Bank of India - RBI)とは?

インド準備銀行(Reserve Bank of India - RBI)とは?


RBIとはインド準備銀行(Reserve Bank of India)の略称です。インドの中央銀行として、金融政策を統制している。現在は24代目のMr. Urjit R. Patelが総裁を務めている。シカゴ大教授として著名な前23代目総裁のMr. Raghuram Rajanから2016年9月に総裁を引き継がれています。主な機能は、金融の監督、金融システムの規制と監視、外国為替の管理、銀行の銀行。

インドでの事業活動とRBIは密接に絡んでおり、一般企業が関連する業務は駐在員事務所・支店の設立認可、インド国外への送金、外国からの資金流入(資本金等)の報告、NBFCのライセンス取得、対外商業借入(ECBローン)の申請などが挙げられる。

<歴代のインド準備銀行総裁>

初代 Sir Osborne Smith
2代目 Sir James Taylor

3代目

Sir C D Deshmukh
4代目 Sir Benegal Rama Rau
5代目 K G Ambegaonkar
6代目 H V R Iengar
7代目 P C Bhattacharya
8代目 L K Jha
9代目 B N Adarkar

10代目

S Jagannathan
11代目 N C Sen Gupta
12代目 K R Puri
13代目 M Narasimham
14代目 Dr. I G Patel
15代目 Dr. Manmohan Singh
16代目 A Ghosh
17代目 R N Malhotra
18代目 Venkitaramanan
19代目 Dr. C Rangarajan
20代目 Dr. Bimal Jalan
21代目 Dr. Y V Reddy

22代目

Dr. D. Subbarao

23代目

Dr. Raghuram Rajan

現職

Dr. Urjit R. Patel