インドの電子署名証書(Digital Signature Certificate - DSC)取得方法

インドの電子署名証書(Digital Signature Certificate - DSC)取得方法


DSCとはDigital Signature Certificateの略です。インドの申告・書類提出で広く使われている電子署名のフォーマット。主に企業省(Ministry of Home Affirs-MCA)での手続きを中心に利用されているが、近年税務申告書のアップロードなどにも利用されている。インドでの会社設立時には、取締役登録でDINを取得する際に必要となる。

DSCの発行は、MCA指定業者(8社)が行っているが通常はコンサルに依頼し、必要書類・申請書を作成し申請を行う。有効期限は1年と2年が選択可能だが、通常は更新するコストもかかるので2年を選択する。また、セキュリティレベルによってClass 2とClass 3という区分があるが、申告関連に必要なレベルはClass 2となっている。Class 3が必要とされるのは電子入札などのみで、一般的な申告・登記用途であればClass 2で十分対応可能である。

 

尚、DSCにはPAN番号と紐づけしたPANベースDSCというものが存在します。PANベースDSCは法人税の申告などに必要とされるDSCです。会社設立時に取得したDSCがPAN番号と紐づいていない場合には、早めに紐づけ作業(DSCの再取得)をすることをお勧めいたします。


<必要書類>

  1. 写真付きID原本(要公証・認証取得) 
    一般的にはパスポートを使用
  2. 住所証明原本(要公証・認証取得) 
    運転免許証コピー+英訳もしくは住民票(直近3カ月以内に取得したもの)+英訳
  3. パスポートサイズ写真(5.1cmX5.1cm)
  4. 申請書

<必要情報(英文)>

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 性別
  4. 生年月日
  5. 国籍
  6. 携帯番号
  7. e-mailアドレス