取締役識別番号(Director Identification Number - DIN)とは?

取締役識別番号(Director Identification Number - DIN)とは?


DINとは、企業省(Ministry of Corporate Affairs - MCA)が発行する、Director Identification Numberの略。取締役1名につき1つ割り当てられる取締役の識別番号(会社法第153条・154条に依拠する)。取締役就任する際に必ず取得する必要があり、会社登記局へ取締役の登録を行う際に参照する番号。1名の取締役が複数社兼任する場合には、同一のDINを参照することが可能で法人毎に別個のDINを取得する必要はない。企業省(Ministry of Corporate Affirs)のサイトからオンラインで申請可能で、申請に際しては電子署名証書(DSC)が必須。

<必要書類>
DIN申請に必要な書類は、DSC申請に必要な書類と重複しており、スキャンコピーで対応可能なことから通常はDSC申請時に準備した書類をスキャンしDIN申請にも利用可能。

  1. 写真付きIDスキャンコピー(要公証・認証取得) 
    一般的にはパスポートを使用
  2. 住所証明スキャンコピー(要公証・認証取得) 
    運転免許証コピー+英訳もしくは住民票(直近3カ月以内に取得したもの)+英訳
  3. 証明写真データ
  4. 申請書

<必要情報(英文)>

  1. 住所
  2. 本籍地
  3. 氏名
  4. 国籍
  5. ご尊父名
  6. 最終学歴(大卒等)
  7. 生年月日
  8. 性別
  9. 出生地
  10. パスポート番号
  11. 電話番号・携帯番号
  12. e-mailアドレス

<DIN取得の流れ>
通常申請書のアップロードからDINの割当までは、2~3日程度で完了します。

  1. DIR-3 Form(DIN取得申請書)の作成
    企業省ホームページより、所定の様式をダウンロードしオフラインで情報を記入。
    => DIR-3 Formの様式のダウンロードはこちらから
  2. 必要書類の準備
    上述の必要書類を準備
  3. DSCの取得・書類のアップロード
    DSCを取得し、DIR-3をオンラインでアップロード
    => DSCの取得方法はこちら
  4. 申請費用の支払い
  5. DINの割当